のぼりに対しての考え方といえば

のぼりが必要になるときとは

考え方を柔軟にしてみると、のぼりに対してはその情報量の多さがわかってきます。

のぼりに対しての考え方といえば

考え方がかっちりとしていれば、おのずとのぼりに対してのスタンスも決まってきます。

これは、はるか昔から情報の伝達手段として使われてきたこのアイテムに対して、私たちがどのような認識を持っていたかとの事実に関わりがあります。【参考:http://www.livebaseballodds.com/城田憲司ののぼり講座】

重要なのはそのデザインと書かれている内容であり、いかに目立ち、インパクトがあるかにかかってきます。

それは、見た人すべての記憶に鮮明に残り、伝えたい内容を確実に伝えられる点にあるのです。

アイドルのコンサートなどで旗の形をした物が振られている場合はたいていこのグッズであり、ファンが自作してアイドルに向けたメッセージなどを書き込んでいます。

これは、応援グッズとしては一般的な物であり、多くのスポーツ会場などでも使われる有名な面を持っています。

私たちは普段から街中でのぼりを見る機会があり、その内容を一つ一つチェックとまではいかずとも眺めて記憶しています。

たいていはお店などで大売出しをしていたり、特定の商品の宣伝が多いのですが、中にはお店がリニューアルするのでそれに関連してセールを行っていたり、移転などかなり重要な内容を告知している場合もあります。

それらに目を通しておくと、自然に情報が入ってくるのが不思議な所です。